二人の愛の証|顕微授精で赤ちゃんが授かれる

女医

評判の良い病院での妊活

看護師

婦人科を利用するのは何も大阪の女性だけというわけではありません。不妊治療の場合には男女で利用することになるのです。婦人科を選ぶ際には、実績がより多いところ、そして口コミ評判が高いところを優先的にチェックしていくのがおすすめです。

もっと読む

男性にも原因がある

男性

男性不妊は、男性側に原因があって子どもに恵まれない場合をいいます。原因はさまざまなものがあります。原因となる病気がある場合は、その病気を治療します。自然に妊娠がみられない場合には、人工授精などの方法もあります。

もっと読む

精子を卵子に直接注入

医者

運動率の低い精子でも

受精卵は、通常は性交渉によって女性の体内に入った精子が、卵巣から出てきた卵子と結合することでできます。卵子にたどり着くまで、精子は膣から子宮、さらには卵管を進む必要があります。さらに、たどり着いた後には、結合するために卵子の表面を覆っている膜を破らなければなりません。そのため運動率の高い精子でなければ、受精卵となることは困難なのです。しかし婦人科での顕微授精により、運動率の低い精子でも卵子と結合することが可能となります。なぜなら顕微授精では、卵巣から出てきた卵子を女性の体内から取り出し、そこに精子を直接注入するからです。つまり精子は、自らの力で卵子まで移動する必要も、卵子の表面の膜を突き破る必要もないわけです。

成長する力の確認

男性の中には、運動率の高い精子を作り出すことができない人もいます。そのような男性や、そのパートナーの女性から、顕微授精には高い需要があります。また女性の中にも、卵子が衰えているため、性交渉をしてもなかなか受精卵にならず、悩んでいる人がいます。そういった女性も、顕微授精で受精卵を作り出すことを希望していることが多いのです。しかも顕微授精では、一般的には完成した受精卵が2〜5日ほど培養されます。というのも、受精卵は誕生後にすぐに力尽きてしまうことがあるのです。そのため顕微授精では、成長する力があるかどうかを確認するために、まずは培養することになっているのです。そして力があるとみなされた受精卵が、女性の子宮内に注入されます。

男性の不妊症

夫婦

無精子症とは男性の精液中に精子がない状態のことをいい、不妊症の原因の1つとなります。自然妊娠は困難ですが、専門の医療機関で精巣内から精子または精子細胞を採取することができれば、顕微授精によって赤ちゃんを授かるチャンスがあります。

もっと読む

このエントリーをはてなブックマークに追加